卒業時には高卒の資格もゲット

PC授業

ゲームクリエイターになりたいと考えた場合、専門学校を活用して、知識や技術を学ぶのが近道だといえるでしょう。しかし、中学校を卒業したばかりの年齢では、ゲームクリエイターの専門学校では受け入れていないケースが多いため、泣く泣く高校に通うことを考えているかもしれません。それでは、遠回りになってしまうため、ゲームクリエイターになるための勉強をしながら、高卒の資格まで取得できる学校の利用を考えましょう。高卒の資格を得るためには、授業をしっかりと受けて、国が定めた単位をすべて取得する必要があります。そして、通学制の一般的な高校の場合は、その単位を取得するためだけに存在しています。しかし、現在ではゲームクリエイターになるための知識や技術を学ぶついでに、提携する高校で高卒のための単位を取得できるケースもあるのです。そのため、カリキュラムをきちんと終わらせれば、3年後には高卒の資格を取得したうえで、社会人として働ける実力を備えることができます。なお、卒業したあとは働き始めるのではなく、さらに知識や技術が欲しければ、ゲームの専門学校で学ぶこともできます。もちろん、高卒になることで大学受験の資格も得られるため、卒業後の進路は変更が可能です。

学校の見学会は魅力的

ゲームする人

高校に進学することも考えている中学生ならば、学校の見学会を体験したこともあるでしょう。普通の高校の場合は説明と施設見学が主なので、つまらないと感じた方もいるはずです。一方でゲームクリエイターになれる学校も見学会を行っていますが、普通の高校とは比べものにならないくらい、面白いイベントを提供してくれます。現役のゲームクリエイターの話が聞けたり、実際の授業を体験できたりしますので、心に残る見学会になるはずです。なお、見学会を利用する場合は、今後のために、その学校の資料を忘れずにもらうようにしましょう。ゲームクリエイターになるための勉強だけではなく、高卒を取得するための勉強を行うことになるので、資料請求でカリキュラムを確認しておいたほうがよいです。どちらか片方だけ勉強するよりも、きつくなるのは当たり前なため、やり遂げられるのか資料を読んで確認しましょう。ちなみに、提携する高校についても記載されているため、そちらもきちんと目を通さなければいけません。高校にはホームページが用意されているので、どのようなカリキュラムなのかチェックしておけば、両立できるか判断するときに役立ちます。

広告募集中